スウェーデンのファーストフードチェーン「Sibylla」の面白いInstagram活用マーケティング

スマホだけでHTMLメール配信ができるアプリ「MailChimp Snap」

日本でも一般的な写真投稿アプリとなり多くの企業や有名人が利用しているInstagram(インスタグラム)ですが、2014年12月に世界中の月間アクティブユーザー数が3億人に到達したそうです。

そんなInstagram(インスタグラム)を使ったの面白いマーケティング手法が書かれた記事を発見したのでメモまでに。

Instagramフォロワー1500%増、売上前年比35%増!ファーストフード店の凄い『ポテト占い』 ーMarkeZine(マーケジン)

スウェーデンのファーストフードチェーン「Sibylla」で購入したポテトの写真を撮り、"#FUTUREFRIES"というハッシュタグをつけて、Instagram(インスタグラム)のSibyllaアカウントページに投稿すると、占い師が未来を見てくれるという面白いプロモーションです。

※2015年2月19日現在、"#FUTUREFRIES"のハッシュタグのついた写真は1,072件ありました。

投稿されたポテトの写真を見た占い師が未来の運勢をコメント欄に書いてくれます。
この占い師さん、時々お店に来てお客さんの未来を占うこともあるそう。

※詳しくはこちらのページ下のYoutube動画をご覧ください。

このプロモーションにより、「Sibylla」お店の売り上げは前年比で35%もアップしたそうです。

ただ、「Sibylla」のInstagram(インスタグラム)のフォロワーは1,058人と少し残念な感じでしたが。

ちょっと考えるとInstagram(インスタグラム)の写真を使ったプロモーションは色々できそうですね。

アパレルブランドであれば、そのブランドの洋服を取り入れたファッションコーディネートの写真をアップしてくれると、そのブランドのショップ店員やデザイナーが着こなしを見てくれるとか。

家具メーカーであれば、そのメーカーのインテリアを取り入れた部屋の写真をアップすると、そのメーカーのインテリアコーディネーターがオススメの家具やインテリアを紹介してくれるとか。

今後は面白いマーケティング手法を見つけた時もこのBlogに書きとめていこうと思います。

Grow!ブログ TOP